ドッグライフサポートONE-PEACEは、かつて子犬直譲仲介販売業者を運営していた私がビジネスを離れ、その時学んだ経験を活かし、ドッグライフをサポートするために設立をしたHPです。



“何故販売業者を辞めたのか”
一匹一匹に肩入れしすぎ、割り切ることが出来なかった、というのももちろんですが…。

業界のシステムや状況を理解していくうちに、もしも子犬を譲渡するのであれば、自らがブリーダーとなり、責任をもって正しい繁殖を心掛けていくことこそが正しいのでは…と判断したからというのが大きな理由です。

それが出来ない中途半端な私には、子犬の販売を続けていくのは無理だと判断いたしました。


また、業界を知れば知るほど、“繁殖は本当に必要なのか…”という疑問が湧いてきました。

こんなにも沢山の犬たちが生まれ、飼い主が決まらず焦るブリーダー、そして見放され淘汰されていく犬たち…。

自分の犬だけは可愛いという愛犬家。

模様が揃ってない、尻尾が曲がっている、噛み合わせが悪い、スタンダードより大きい等、それだけで選んでもらえない犬たち…。

沢山の矛盾と葛藤に、悶々と思い悩む日々でした。



“現在のペット業界をどう思う?”
愛犬家のHPには、“繁殖反対!”と強く掲げられているものが多く見られます。

もちろん私も個人的にはその意見に強く賛成です。
特に無秩序な繁殖や、乱繁殖には胸を痛めます。

しかし需要と供給があり、長い歴史の中で作られてきたこのペット産業のシステム。

今日も沢山のペットショップで飼い主が現れるのを待つ犬がいて、各犬舎では繁殖犬たちがご飯を待っています。

極端な話、犬が売れなければその子たちも、ご飯が食べられなくなってしまうのです。

実際私は、経営が傾いて犬たちが犠牲になったショップや犬舎を、何度となく目撃しました。

買ってくれる人がいなければ、この犬たちもみんな犠牲になってしまう。

商売目的の繁殖はやめるべきだ…と思っても、現実に今沢山の犬たちの生活が、それによって支えられているのです。

一方的な正論や綺麗事のみを過激に訴えることは出来るけど、それぞれの立場や思いを知った今となっては…頭を抱えてしまいます。

だけど毎日たくさんの恵まれないワンコたちが生まれてきては、処分される命が後を絶たないという事実…。


せめて目の前のワンコたちが、いつまでも幸せに過ごせるよう。最後まで命を全うできるよう。

ブリーダーも業者も飼い主も、それぞれ命に責任を持ってほしいと心から思います。



“ONE-PEACEにできること”



HPを通じて一匹でも多くのワンコの幸せに貢献できること。

答えのないあらゆるワンコ問題に、一緒に悩み、一緒に戸惑い、一緒に考えていくということ。





ただのひとりの犬好きとして、犬と人間の幸せな共存を心から願っております。