<今まで販売責任を持って子犬を販売していた立場だから言える、本音の子犬探し>


これからワンちゃんを探される方にとって、どこでワンちゃんを購入するかは大変悩まれる問題だと思います。

私は、その子のすべてを受け止めていこうという気持ちさえあれば、たとえ不衛生なペットショップでも、
たとえ悪徳ブリーダーの犬舎でも良いと思います。(もちろんこれは極論ですが…)

犬は生き物ですので、どんな優秀なブリーダーさんの元で育っていても、
思いがけない病気やトラブルに見舞われるものです。

(ちなみにうちのいとしいミニチュアシュナウザーはオーバーサイズで全然ミニチュアじゃありませんし、
短気で気が強くて、その上出ベソで猫背です…(笑))


でも…


出来るだけ良い状態で、愛情を受けて育った健康なワンちゃんを迎えたいですよね。

自家繁殖のショップさんと、特定の犬舎と提携を組むショップさん以外は、
未だ日本のペットショップの大多数はオークションで子犬を仕入れてくるのが現状です。

ワクチン接種前の不特定多数の子犬たちが出入りする状況では、
伝染病などのトラブルに多くのワンちゃんたちが危険にさらされます。

また、子犬のストレスを考えて展示販売をしないというショップさんも増えてきていますが、
なかなかそれも難しいようで…。

もし、ショップで購入ご希望の場合、私の個人的な考えですと
大手よりも小さな個人経営のお店で事前に相談して探していただく形が良いと感じます。
それも、生体はほとんど置いてないくらいのショップさんで…。

大手のほうが何かと設備や保証があって安心…と思われるかもしれませんが、
個人経営の方は比較的知識も豊富で、仕入れる犬に対する責任の重さが違います。

(町の小さなペットショップで、悪評が立ったとしたら、そのショップさんはたちまち経営不振に陥ります。
近所の方に見放されたショップさんは どうなるでしょう?)

お客様にお渡しする子犬をしっかり検査確認して出せるメリットもあり、私自身、ブリーダー直譲をする身でありながら、
“ショップさんみたいにブリーダーさんから受け取って、しばらくその子の様子見てから渡せたらどんなに安心だろう!”
と、思っていました。(飼主さんが直接ブリーダーさんで見学して決めていただいた子であってもです)

衛生面や管理の行き届いたショップさんも沢山ありますから、
店員さんと相談しながら良い子を探していただくのもいいですね。


しかし…やっぱりワンちゃんは直前まで生まれ育った環境にいるのが一番理想的ですね。


では、良いブリーダーさんとは?!


優秀なブリーダーとは、
その種の血統を重んじ、スタンダード作出に専念するブリーダーさんを指す言葉であると思っています。

ただ、そのようなブリーダーさんたちの子犬は一般に手に届かないほど高価であることがほとんどで、
一般に皆さんがお探しである子犬はいわゆるペットタイプの比較的お求め易い価格帯の子であることが多いですね。

良い犬を産ませ純血を残していくということは、それだけ時間とお金と労力がかっていますから高価で当然です。

「血統にはこだわらないので、安くて元気な可愛い子を…」

そのように相談を受けることも大変多かったのですが…。

しかし血統とは、形やブランドだけの問題ではないことをまずご理解ください。

血統を守るということはその子の将来、次に生まれてくる子犬たち、そして犬全体に影響を及ぼす大切なことなのです。

(「ワンちゃんの出産について」もご参考に)


皆さんに一番お薦めしたいのが、
繁殖をお仕事にしていらっしゃらないシリアスホビーブリーダーといわれるブリーダーさんです。

“その種の血統を重んじ、スタンダード作出に専念するブリーダー”という部分では名の知れたブリーダーさんと代わりはありませんが、一番の違いは犬から利益を得ることを基本的には考えてないという点です。

多くは他に仕事を持った方が、趣味としてドッグショーなどを楽しむ中で、
繁殖や血統を学んでいかれた愛犬家の方々です。

もちろんその犬種と血統に見合った価格で譲られることに代わりはありませんが、
譲渡における条件は金額よりも今後の環境や人柄を重視するということです。

(条件さえ合えば無償で子犬を譲られる方もいらっしゃいます。)




もちろん本当はそのような由緒正しいブリーダーさんばかりであれば、犬種が崩れることもなく、
安易なペットブームが加熱することもなく、乱繁殖による弊害や処分される犬なども減り、一番ベストなのでしょう。

そのあたりの葛藤や意見は個人的にいろいろあるのですが…。


ONE-PEACEのブリーダーさん紹介コーナーには、専門犬舎のショータイプのブリーダーさんだけでなく、
数種の繁殖を手がける商業タイプのブリーダーさんも紹介しております。

そちらは私が仲介直譲販売のお仕事をしていた頃、個人的なお付き合いのあった方々で、
商業ブリーダーとして自らが産ませた命に対してしっかりと責任のある対応をしてくださる、
人間性を信用できる繁殖家の方々です。


“業者に売った犬は何かあっても業者のほうで責任とれよ”

という、“犬=商品”という割り切り感覚が当たり前のペット業界の中で、
最後までしっかりと自分の産ませた犬に責任を取ろうとする繁殖家さんはある種希少な存在でした。

この“良いブリーダーさん”の定義としましては、衛生面や環境などは当然として、
“子犬と飼い主さんに対し、しっかりとしたアフターフォローと責任を持つ人”というのが大前提であります。




このことを参考までに、是非皆さんもインターネットや雑誌などこまめに情報を収集し、
自分に合った良いブリーダーさんを探してみてくださいね。




最近ペットブームのためブリーダー間で無理な交配をさせ、
内臓疾患や骨格形成に欠陥のある子などが多発しています。

なので、ワンちゃんをお迎えいただく際は“良いブリーダーさん”から譲り受けたものをお求めになることをお薦めします。

この時期執拗に激安で販売している子犬には注意が必要ですが、
中には誠意でお値段をリーズナブルに設定してくださっているブリーダーさんも多々いらっしゃいます。

逆に欠陥があっても流行犬種だからといって激高に販売する方も多数いらっしゃいます。

優秀な血統だから高い…。
優秀な血統でも犬ぶりが劣るから安くする…。
市場価格(流行)を意識する。
市場価格は関係ない!


それはもう、ブリーダーさん個々にいろんな基準や考えがあり、
安いから駄目、高いから良いということは言えないのが生体価格の難しいところです。


結局は通り一遍のことしか言えませんが…最低ここだけはしっかり押さえてほしいと思います。


そしてもし…。

いろんな事情もすべて受け止め、恵まれないワンコを迎えたい、
そう思っていらっしゃる方は、迷わず愛護団体や里親ボランティアの元に問い合わせてみてください。

たくさんのワンコがあなたとの出会いを待っています。

『わんこといっしょ』
http://members.jcom.home.ne.jp/withdogs/wanko/

『PAK保健所の犬、猫を救う会』
http://homepage3.nifty.com/nazozen/




運命のワンちゃんと素敵な出会いがありますように…!!